Cruciani C Braceletについて

Cruciani(クルチアーニ)から、2011年8月に発売された四葉のクローバーブレスレット。

2011年9月、Vogue Fashion’s Night Out in Milanoで、発売するや否や、爆発的なヒット商品となり、イタリア全土はもちろん、フランス、アメリカ、そして日本へもそのブームが急速に広がりました。日本では、日本びいきの社長Luca Capraiの申し出により、東日本大震災のチャリティブレスレットが発売され、2012年には、石巻市に1,000万円が贈呈されました。

Cruciani Cは、人気アーティストや、セレブリティとのコラボレーション、限定品の発表、ポップアップストアの展開や、パーティ協賛など、様々な活動を通じ、話題を提供しています。

繊細なデザインと多彩なカラーバリエーションは、グループ企業にレースメーカー(ARNALDO CAPRAI)を持つ、Crucianiならでは、といえます。


Crucianiについて


1966年ペルージャで創業されたMaglital社の生み出す、モダンで洗練されたニットコレクション「Cruciani」は、いまや世界中の名だたるショップで取り扱われ、ハイクオリティなニットマーケットでのブランドイメージを急速に高めています。

紡績、染色、縫製の全てを自社内で行うCrucianiでは、新しい素材の開発に非常に積極的です。コットンに様々な加工を施したシリーズ、プリント(Stampato)によって柄を編みこんだような見え方をさせたシリーズ、内モンゴル産のトップクオリティカシミアを全てハンドメイドで編んだ贅沢なシリーズ・・・。中でも45ゲージという超高密度に編んだ、コットン・ウールのハイゲージニットは世界中でCrucianiのみが作る事のできる、非常にテクニカルなニットです。

シルエットはタイト&フィットが基本です。肩からアームホールが小さめにデザインされ、体のラインにぴったりとフィットするCrucianiのプロポーションは、ハンドメイドの上質なジャケットを羽織った時のフィット感、動きやすさと同様、1枚で着た時はもちろん、インナーとしてコーディネートする際にも、最高の着心地を約束します。

また、Crucianiはデザインも重視しています。デザインチームは次シーズンのデザインアイデア、インスピレーションを求めて、世界中を駆け回っています。決して奇抜ではなく、なおかつクラシック過ぎない、モダンなフィーリングを持った「Cruciani」を生み出す為に、非常に細かなバランス、デザインが決定されていくのです。

最高のクオリティと常に新しい素材、クラシックの匂いをベースにしたモダンなスタイル、これらが極めて高い次元でバランスを保っているのがCrucianiなのです。